同人攻略! DLsiteで目立つ方法(でもコンテンツがやっぱ大事)

同人攻略! DLsiteで目立つ方法(でもコンテンツがやっぱ大事)

同人攻略! DLsiteで目立つ方法(でもコンテンツがやっぱ大事)

たまには同人攻略的な事も喋ってみるかと。

といってもyoutubeだとFANZAの漫画とかCG集目指す同人作家が多いみたいで、
自分のようなDLsiteのゲーム勢は若干浮いてるかもですが。

同人の攻略と言うと要は一言に尽きて、
「自分の登録した作品を他より目立たせたい」
という事に集約されるかと思います。
もちろん作品自体が良くないとダメと分かった上で、色々研鑽に励むとして、
今すぐ欲しいノウハウはそれですね。
目立ったから売れるとは限りませんが、目立ってないが故に売れてないんではという作品を見ると、
やはりそうした物を求めてしまうもので。

でDLsiteの話ですが、まぁ工夫次第で色々可能だなあと思うのは、
DLsiteだと予告って部分が割と穴になっていますね。
DLsiteは基本無料での登録ってのが出来ないんですが、
まあ別に予告で登録して発売しなくてもペナルティあるものじゃありませんし、
それだったらずっと遠い日付にして登録しちゃえば、
例えば無料のアダルト作品の登録というとboothに、あとFANZAもかなってありますが、
この中で予告っていう枠が比較的機能してるのはDLSiteだと思うので。
無料登録の上に、ある種の宣伝効果も期待できるという風になりますね。

でここから更に捻った例をもう一つ見て、
作品を一つでも販売してるサークルさんは、サークルページから今こういう予告をしてるよって
表示があるんですが、ここでのサムネイルとか予告文で、
ちょっと目を奪う様な仕掛けをしちゃうとか。
普通は作品予告なんだから作品の表紙とか貼るんですが、こっちはもう半ば宣言目的と割り切ってますから、
それは「○○で検索」とかの文字だけの表紙を登録するとか、色々出来ますね。

その流れで最近見たのは、おっお気に入り数が2000も超えてる、予告だけど体験版もあるわって遊んだ後に
はたと見返したら、それは2017年からずっと予告されてる作品で。
もう2年くらい? 更新されてなかったっていう。
こういう状態でも、2020年12月末発売みたいに予定してると、その日が近付くとやっぱり予告をチェックする人には
入ってくるんですね。
でその作品のreadmeとか見たら、ci-enへの誘導があって、月額課金で
予告での体験版を軸とした、MOD追加みたいのを配布していたと。

まぁこれは発売するに越した事はないで、狙ってやったというよりそうなっちゃったかと思うんですが、
ci-enでの月額課金へ誘導する為の予告、
あるいは予告で遊んだ体験版に何かをする為のci-en、
そういうラインもあるかと思います。

あ、あと聞いた話だと予告の時はOKだったのにそのまま製品版に登録しようとしたら
モザイクで弾かれたみたいな話も聞かれてて、予告だとチェックが比較的甘めなのでは?
というのも、一つの追い風になるかなあと……

他に過去を遡ると、[へべれけ! ~すすめ 赤軍少女旅団!]というSRPGがありまして、
これは作者さんがやっておられるメルマガで、いやまぁそこからスタートの位置が違うやんとは思うかもですが、
DLsiteにレビュー投稿したら○○みたいなキャンペーンを張ったみたいで、
一時期RPGジャンルで検索した時、レビューが多い順というソートがあるんですが、
これで上から3番目だったって事がありました。
1,2番とかとDL数が数分の1ってくらいなんですが、そうやって目立ってましたね……、
まさに与しやすい所を狙ってリソースを集中投下して突破を果たすという、
鮮やかさだったと記憶しております。

他のサークルさんの事ばかり話してるとディスかみたいになるので自分の事も言うと、
私は自分の作品[ゆきゆきてモンスター軍]で、体験版で99%遊べるみたいにコンテンツを配布、
でtwitterなりブログなり、レビューを投下して
その証拠画像を送ってくれたら製品版……プレミアム版を差し上げるよ、みたいな事もしましたね。

その施策の甲斐あってか知りませんが、けっこう長い事売れてくれてる気がします。

あと最近驚いたのは何と言っても[ヴィルネーメレト]ですね。
これはまず実際に行動に移した勇気が凄い、次に実際に売れるのが凄いって作品なんですが、
同人RPGなのに12000円って作品です。
で今、DLsiteで8000DL売れていて、だから標準的なRPGの価格に直したら10倍の売上げを誇る訳で、
1200円の作品だったら8万DLみたいな計算ですね。
分かり易く収入で計算すると、今年の収入が7千万は超えるんだろうなみたいな、そういう数字になって来ますね。

これだけ高いと例えばDLsiteの検索の「価格が高い順」でも文句なしで一番上に来てますし、
それで1本売れたら、他のRPGで言う10本の高価ですから。
下手したら何ヶ月も前に売られた作品が再びランクインして、でまたなんだろう、
高いなあ、とか思いつつ、またちょっと手に取る人が居たりしてぼつぼつと売れる。
10倍の価格ですからそれで充分なんですね。
初めてこんな価格をやったという事で、こうして話題にもなってて、話題性充分ですし。
この価格でしかも体験版付けないとかってのも、本当に思いきりが過ぎててそれが全て当たってる感じですね……

まぁただこれはバカな挑戦をしたって事じゃなく、
DLsiteの前に、boothで発売しても数百は売れる固定ファンの居る作者さんだった、
というのは抑えておいた方が良いかとは思うのですが。
もちろん実力もありますが、売り方がぴたっとハマるとこんな前人未踏の成功例もありますね。

最後に自分の話に戻ると、toggterというツィッターのツイートをまとめるサイトがあるのですが、
私は自分の最新作をここでまとめて、ちょっとしたテクニックを使って、52万って所までPVが伸びました。
さすがにtoggterで一番みたいな事は無いんですが、
月にそう何本も生まれる数字では無いのは確かかなと。

そのテクニックは何だという話ですが、まぁそれはここでは伏せておきます……
って言うといかにも情報系のyoutuberみたいで良いでしょ? っていう。

dlsiteカテゴリの最新記事